整体とマッサージの違いって何?おすすめの整体の特徴とは?

整体とマッサージの違い

身体に何かしら不調がある際や、症状を改善したいと思った時マッサージや整体を利用するという人は多いです。この2つは一見同じように見えますが実際には施術の内容が全く違いますし、得ることが出来る効果にも違いがあります。
具体的にどのような違いがあり、どのような症状に効果があるのでしょうか?2つを比較しながらまとめ、それぞれを利用する際の注意点や利用する場所の選び方についてもまとめています。
より高い効果を得るためにもこれから施術を受けることを検討している方はもちろんこれまであまり意識をせずに施術を受けていたという方もチェックしてみてください。

整体とマッサージの違いとは

整体とマッサージというのは、どちらも手や器具などを使用して身体に直接的な刺激を加えることによって体の凝りや不調を改善するための行為です。

どちらも最終的な目的は同じであるために、何が違うのか自分はどちらを利用するべきなのかよく分からないという方も多いです。

整体とマッサージの大きな違いとしてはまずは施術の目的です。2つとも最終的な目的は身体の不調を改善するというところにありますが整体は筋肉や内臓など各部のバランスを整えたり、骨格を調整して身体が持っている本来の状態に導いたりすることが目的となっています。そのため施術の際には骨格にアプローチをかけていきます。その一方でマッサージは筋肉の表面を揉みほぐすことで縮んで硬くなった筋肉の凝りをほぐして血管や神経の圧迫を改善することが目的であり、アプローチは筋肉にかけていきます。どのようなアプローチをかけて、症状を改善していくかというところに大きな違いがあるのです。

次に施術者の資格についても、違いがあります。まず整体を行うにおいては、資格は必須のものではありません。民間資格がありますのでそちらを取得している人もいますが、実際に働く中で経験を積み施術を行っているという人や社内研修を受けただけで施術を行っているという人もいます。しかしマッサージを行うためには、国家資格であるあん摩マッサージ指圧師の取得が必須条件になります。リラクゼーション目的のマッサージ店での施術には資格は必要ありませんが、治療としてのマッサージには資格が必ず必要です。

そして健康保険が適用されるかどうかも違います。整体院で行う整体は医療行為とは認められていないので、どんな施術を行ったとしても健康保険は適用ができずに全額自己負担となります。マッサージの場合においてもリラクゼーションや疲労を回復するという目的のための施術には、健康保険は適用されません。ですが医師による診断のもとで適切な治療目的のために施術が行われる場合には、健康保険が適用されます。

このように一見似ているように思われる整体とマッサージですが、大きな違いがあります。利用する際には、こういった違いをきちんと理解した上で施術を受ける場所を選ぶ必要があります。

整体で改善される症状

整体とマッサージでは改善することが出来る症状にも違いがあります。まずは整体で改善することが期待できる症状について見ていきます。

整体は主に骨格にアプローチをかけていく施術方法ですので、骨格のずれやゆがみを矯正しながら筋肉のこりをほぐして身体全体のバランスを整えていきます。そのため身体のゆがみによって発生している痛みや不調を改善することが出来ます。

骨格のゆがみからくる痛みでまずあげられるのは腰痛や肩こりです。腰痛や肩こりの原因となっていることが多いのが、血行不良です。これは骨盤などが歪んでしまうことや姿勢が悪くなってしまうことによって、血流が悪くなりリンパの流れが悪くなってしまったり上手く老廃物の排出が出来なくなってしまったりすることが原因となっています。そのため施術によって歪みを改善することが、症状の改善にも繋がります。

そして肩こりが改善されると、それに伴って発生していた頭痛や睡眠不足といった症状が良くなることも期待出来ます。

さらに手足のしびれや足の痛みに効果がみられることもあります。こういった症状には様々な原因が考えられますが、中には骨盤が歪むことによって骨が擦れてしまっていたり神経を圧迫してしまっていたりする場合があります。この場合には歪みや凝りを解消することによって、しびれや痛みを取り除くことが出来ます。

マッサージで改善される症状

マッサージと聞くと、リラクゼーションをイメージする方が多いかもしれません。しかし本来は治療が目的のものです。筋肉を揉みほぐして刺激を与えることで血流の流れを改善し、身体の不調の改善や疲れを取る効果があります。しかし前述したようにマッサージの言葉の意味が広くなっているので、疲れを取るといった疲労回復効果や、リラックス効果が期待することも出来ます。

マッサージを受けることで血行が促進されますので、身体の痛みや一時的な凝りなどは改善することが出来ます。そして筋肉の凝りが解消されることによって、身体の柔軟性が増し無理なく身体を動かすことが出来るようになります。これが痛みや疲労の原因になっている場合には、症状の改善にも繋がります。

身体の症状への効果はもちろんですが、マッサージの施術を受けることによってストレスの緩和をすることが出来るという効果もあります。ストレスというのはメンタルに悪影響を与えるばかりか、自律神経やホルモンバランスの乱れにも関わってきます。自律神経やホルモンバランスが乱れてしまうと、身体の様々な箇所に影響を及ぼしてしまいます。施術を受けることでリラックスをすることができストレスも解消出来ますので、こういった乱れを整えることも出来ます。

整体やマッサージの受け過ぎは良くない?

身体に不調がある時にはどうにかして楽になりたい、症状を少しでも早く改善したいという思いから整体やマッサージの施術を沢山受けたいと思われるかもしれません。では症状を改善するためには、本当に沢山施術を受けるのが良いのでしょうか?

注意しなければいけないのは、施術を受けた後に痛みが発生している場合です。必ずというわけではありませんが、整体やマッサージを受けた後に施術箇所や身体全体に痛みを感じることがあります。痛みを感じるタイミングやその程度は人によって違っていますが、中には施術前よりも強い痛みを感じてしまうという方もいます。

この痛みの原因となっているものには、揉み返しと好転反応の2つが考えられます。まず揉み返しですがこれは一種の筋肉痛のようなものです。力が強すぎたり間違った方法で行われたりするマッサージや整体の施術を受けることによって、筋繊維や筋膜が損傷し炎症が起きてしまうのです。ひどい揉み返しをなんども繰り返していると、傷ついた筋肉を修復しようとしてより筋肉が凝り固まってしまうことがあります。

一方で好転反応というのは凝っている部分が適切な刺激を受けたことにより、回復しようとする過程で症状が一時的に悪化することです。施術をして筋肉に刺激が加わると、多少なりとも負担がかかることになります。しかしこれは筋線維を傷付けるほどのものではありませんので、少しだるさを感じたり違和感があったりしても痛みが続くということはありません。

このように施術後に何かしらの不調が出てしまっている場合には、次の施術を受けるべきではありません。好転反応の場合には3日から4日程度で症状はなくなりますのでその後で施術を受けるべきですし、揉み返しの場合には炎症が起きている状態ですので改善するまでは刺激を加えるべきではありません。

適切な施術頻度というのはその人の症状や、施術者の方針によって変わってきますので指示を仰ぐのが良いです。一般的には施術を受け始めた頃には3~5日の間隔、その後は週1回、月1回と徐々にペースを落としていくのが良いとされています。初期の段階では身体が元の状態に戻ろうとする力が強いのであまり期間が開いてしまうと、せっかく施術をしても意味が無くなってしまいます。施術を続けて身体が正しい状態に定着していけば症状も落ち着いていきますので、間隔をあけることが出来るようになります。

整体を選ぶ際のポイント

整体は非常に人気がありますので、施術を行っているところもとても多くなっています。きちんと効果を感じて、症状を改善するためにはどのようなところを選べば良いのでしょうか?選ぶ際にチェックするべきポイントは以下のようなものです。

  • カウンセリングをしっかりしてくれるか
  • 院内は清潔か
  • 口コミは良いか
  • 施術の説明をしてくれるか
  • 治療プランを提示してくれるか

まず訪れる前にチェック出来るものとしては、院内の状態や口コミです。現代はインターネット社会ですので、検索をすればすぐに情報を見つけることが出来ます。反対に何も情報が見つからないところというのは、あまり利用するべきではありません。

医院のホームページや口コミサイトなどを見れば、写真で院内の様子をある程度知ることが出来ます。院内が雑然としていたり、清掃が行き届いていなかったりする医院はおすすめ出来ません。対応もしっかりしていないことが多いですし、患者さんを迎えるという体制が取られていないことが多いです。施術を受ける際にはリラックスすることが必要ですので、清潔できちんと環境が整えられているところを選ぶようにしましょう。

また口コミも非常に有効な情報です。もちろん人によってとらえ方や感じ方は違いますので、全てを鵜呑みにしてしまうのは良くありません。ですが実際に訪れた人にしか分からないことというのも多くありますので、気になる医院があるのであれば事前に口コミをチェックしておくようにしましょう。

そして実際に医院を訪れた際にチェックするべきなのは、いきなり施術をするのではなくカウンセリングをしっかりとしてくれるかや施術の説明や治療プランの設計をきちんとしてくれるかというところをチェックします。

痛みや不調の原因を見つけるためには、どのような症状があり、どのような生活をしているのかということを知る必要があります。そのために必要なのが施術前のカウンセリングです。これなしでただ施術を行うようなところにいくら通っても効果を得ることは出来ないでしょう。

そして施術を行うにあたっては、なぜそれが必要なのか?今後どのような方向性で治療を行っていくのか?しっかりと治療プランを説明してもらえるところを選ぶと良いです。良く分からないまま治療を受けるのは不安ですし、今後の見通しが立たないと通院するモチベーションを保つことが出来なくなってしまいます。

マッサージ点を選ぶ際のポイント

マッサージ店は整体院よりも遥かに多いので、利用するところで迷ってしまうという方はより多いのではないでしょうか?感じている身体の不調や痛み、疲労をきちんと取り除くために利用するべきマッサージ店を選ぶ際のポイントは以下です。

  • 自分の目的に合った施術内容か
  • 口コミは良いか
  • 施術者のレベルはどうか
  • マッサージとは本来医師の指示の元で、あん摩マッサージ指圧師の資格を持った人が治療として行うものです。ですが現在マッサージという言葉の中には、非常に多くのものが含まれます。リラクゼーションや疲労回復を目的としたものも多くなっており、タイ古式やロミロミなど海外で行われているものを行うところも多いです。

    そのためマッサージを受ける際には、自分の目的とそのマッサージ店の行っている施術内容が合っているかということを事前に確認しておく必要があります。痛みを取り除きたいのにリラクゼーションを受けても意味がありませんし、疲労回復をしたいのにカイロプラクティックを受けてもこれもまた意味がありません。

    そして整体院と同じように、やはり口コミをチェックすることは非常に重要です。マッサージ店は種類も多い分、費用や接客レベルなどに大きな差があります。口コミサイトなどでは実際に利用した人が感じたことやそのマッサージ店の様子、スタッフの対応なども知ることが出来ます。

    さらに施術者のレベルも、とても重要なポイントです。治療としてのマッサージをするためには国家資格が必要になりますが、その他の施術をするためには特に必要な資格というものはありません。そのためまったく経験や技術のない人が施術を行っているということも大いにあり得るのです。お店のホームページで施術者の経験をチェックしたり、口コミなどを参考にしたりして、ある程度スキルのある人が担当してくれるのかどうかということは調べておいた方が良いでしょう。

    まとめ

    身体に感じる不調や痛み、凝りを改善するために受けるものであるという点では整体とマッサージというのは同様のものです。しかしその施術方法や目的などは全く違いますので、自分にはどちらが合っているのかということをきちんと考えた上で利用する必要があります。

    また現代の日本では整体院もマッサージ店も、非常に多くなっています。それぞれに治療スタイルも費用も、目的も全く違っていますのできちんと効果を得るためには事前にきちんと下調べをしてから通うところを選ぶ必要があります。

    インターネットで検索すると簡単に情報は得ることが出来ますので、気になるところがあればいきなり行くのではなく今回ご紹介したようなチェックポイントをしっかりとチェックした上で利用するようにしましょう。そうすることでより高い効果を得ることが出来ますし、不調や痛みの改善も出来るでしょう。

TOPへ戻る