整体師になっても勉強は大事?

骨格矯正や、筋膜のマッサージなど、人の身体に一定の施術を行い、不調な状態を解消することができるのが整体師のお仕事です。整体と言ってもマッサージや指圧、また骨格矯正など幅広い分野が存在し、中には国家試験を有するものもあります。こうしたお仕事は資格取得後、独立起業できるため、多くの方に注目されている職種です。では、そんな整体師のお仕事は、整体に関連する資格の勉強だけでなく、ほかにも学ぶ必要があるものなのでしょうか。どんな勉強を行うことで、より人気の高い店舗を営むことが出来るのか、調査してみました。

整体師の資格は取得後が大変?

整体師のお仕事のすべてが難しい勉強をして、資格取得するというものではありません。国家資格を必要とするものは、あんまや鍼灸、マッサージといった施術を行う場合です。それ以外となると、セラピスト認定の民間資格を受講するというのが多いものです。

しかし整体師のお仕事、そのものを顧みてみますと、人の身体の不調を改善するべく、様々な手法を用いて施術を行うわけです。「なんとなく効いているような気がする」というものではなりませんね。ある程度改善に向かうために、原因となりえる要因を取り去ったり、身体の内側に働きかけ、自然回復力を向上させるという結果が求められるものです。

一過性の学びでは、人の身体をよく知ったり、新たな治療法を学ぶというのは難しいものです。つまり、整体師のお仕事とは、整体の資格を取った後も、新たな治療方法を身につけるべく研鑽を続けることが大切なのです。むしろ、こうした学びを続ける整体は、多くのニーズに応えられる可能性も高まるため、より多くのお客さんが集まり、売り上げを向上させることもできるということにもつながるのです。

ただし資格取得後の学びが、資格に向けての勉強よりも難しかったり、大変な思いをするというほどまでではないようです。基礎をしっかりと学び、資格を取得した後は、自学研鑽としての勉強が待っていると認識されておく方が良いのです。

スクールに通うとどんな勉強が?

ここで整体師のスクールに通っているという場合を想定してご紹介しましょう。まず、資格取得のためにスクールに通い始めます。整体の仕事に.就いたことが無いという方の場合、どんな仕事をするべきか、どこを配慮しどんな注意をするべきか、分からないことも多いものです。こうした場合には基礎中の基礎から教えてくれるスクールに通うのがオススメです。

そうしてスクールで一定の整体の勉強を行い、一定の認定試験を受験して合格したとしましょう。資格試験に合格したのですから、もうその時点で、晴れて資格取得者として起業することが出来ますね。でも、その状態だけで起業しても、継続させることはできるでしょうか?お客さんを満足させるためには、今の資格を取ったままの状態だけでは足りないことも多いものですよね。苦労や悩みを相談できる環境が欲しくなるものです。

多くのスクールでは、こうした資格取得後のサポートも行っているという場合が多いものです。例えば、勉強会やセミナーを定期的に開催し、卒業生が受講できる環境を整えているというものもあります。また、整体の経営セミナーを開催し、売り上げを向上させるためのノウハウを教えてくれる場合もあります。つまり、スクールに通うということで、そのスクール生として通っていた間だけでなく、その後の自学研鑽のための様々なノウハウを学ぶことができる環境をも保有することが出来る場合があるのです。

整体師が受けるべき勉強はどんなもの?

こうした勉強会は、整体師の協会などでも開催しているという場合もあります。でも、セミナーや勉強会といったもの、どうして整体師が受けるべきなのか、またどんなことを学ぶべきなのかという疑問も生じることでしょう。

整体という仕事は、お客さんの不調を改善する施術を行うお仕事です。そのお仕事が継続されるためには、なにより来店してくれるお客さんがリピートし、他のお客さんに「あのお店は良いよ」などと良い評判を伝えてくれることが大切です。例えば、有名な雑誌や地域のフリーペーパーに広告を掲載し、有名になったとしても、固定客が付かなければ経営は安定しませんね。こうしたことを踏まえれば、施術の腕は何より大切と言えます。

しかし経営を続けるためには腕だけではいけません。経営を続けられるだけのノウハウ、また新たな技術をどう取り入れていくべきか、他の店舗との関係など経営を続けていくために知るべきノウハウは山ほどあります。この全てを学ぶためには、相応の勉強会やセミナーを受講しなくてはなりません。

つまり整体師が学ぶべきこととは、自分の腕を磨くための学びに加えて、自分の店舗を存続させるためのノウハウをも学ぶ必要があるということなのです。

まとめ

どんなお仕事も、常に変わり続ける時代に対応するためには学び続けることが大切です。特にお客さんの健やかな毎日を支える施術を行う整体というお仕事は、今の自分の技術に満足せず、勉強し続けるという姿勢が求められます。それは整体師としての立ち位置だけでなく、お店やお客さんのニーズ、また地域との関わりという様々な面で必要となるということです。

この記事をシェアする
TOPへ戻る