整体師になる為に必要な資格や費用を徹底解説

整体師になる為に必要な資格や費用を徹底解説

骨格や関節のゆがみを矯正して体の不調を改善させることができる整体師。将来的に開業という道もあり、人気の職業の一つでもあります。

整体師になるためには、柔道整復師などの国家資格を取得する方法と民間の資格を取得する方法があります。現在は、多くの専門学校や通信講座、セミナーがあり、内容も費用も多岐に渡ります。

整体師になるために必要な資格やどのくらいの費用が必要なのか、またスクール選びのポイントなどを解説していきます。

 

整体師になる為に必要な資格とは

まず、整体とは骨格や関節のゆがみを矯正することで体の不調を改善していくことを指します。これらを施術する人を整体師と呼んでいます。

整体師になるためには、国家資格である柔道整復師や鍼灸師を取得し、それをアピールポイントとして整体師になる方法と、国家資格ではなく民間の資格を取得する方法あります。

整体に関する民間資格の取得方法はさまざま

必ずしも国家資格を必要としないため、極端に言えば「今日から私は整体師です」と名乗っても、法律的には問題ありません。しかし、人の体を直接触る職業ですので高度な知識や技術、経験がないと大変危険です。

民間資格の「整体」に関する分野や施術方法、学び方はさまざまです。整体師の民間資格を取得するためにどのような方法があるのか下記にまとめます。

・専門学校で学ぶ

・通信講座で学ぶ

・整体サロンなどで働きながら(弟子入りして)学ぶ

・整体セミナーを活用する

多くの整体師は専門学校や通信教育で学んでいる

多くの整体師は専門学校や通信講座で知識や技術を学び、整体サロンへ就職をして修行し、開業という道を歩みます。専門学校や通信制のスクールに通えば、その民間団体の資格が取得できます。

働きながら整体師の資格を取得したい場合は、整体セミナーの受講もおすすめです。1日単位で開催されている整体セミナーも多くありますので、集中的に施術方法を学ぶことができます。何回か受講すれば、当該団体の資格も取得できます。

国家資格を取得した後に整体師として活躍する方法も

柔道整復師や鍼灸師、あん摩マッサージ指圧師などの国家資格を取得した後に整体師になるケースも少なくなりません。民間資格よりハードルは高くなりますが、国家資格というアピールポイントは大きな強味になります。

上記の国家資格を取得した上で整体師になれば、施術の幅が広がるのと同時に病院や接骨院などの幅広い業界で活躍することも可能です。

整体師の資格取得費用はどのくらいなのか

整体師の資格を取得するために必要な費用は、どのように学んでいくかによって異なります。

スクールによって差はありますが、一例として費用の目安を下記にまとめました。

学び方

国家資格

*4年制大学の場合

専門学校(民間資格)

3年制の場合

通信講座(民間資格)

費用(目安)

600万円前後

300万円前後

数万円~数十万円

※費用は目安。スクールや期間によって変わります。

費用はスクールの種類によって大きく異なる

柔道整復師などの国家資格を取得する方法が最も高額となり、600万円前後を考えておいた方が良いでしょう。高額にはなりますが、将来的に国家資格ということがアピールポイントとなることも事実です。

国家資格より民間の資格取得の方が費用は安くなります。例えば、とある3年制の専門学校は総額350万円ほど。1年制の別の専門学校の場合は約100万円です。

つまり専門学校(民間資格)の場合、学習期間が半年~1年程度の場合は50100万円、2年で200万円、3年で300万円程度を見込んでおいた方が良いでしょう。授業料とは別に入学金や教材費などが別途必要な場合もあります。

上記のような通学制より通信制の方が授業料は安くなり、数万円で学べる通信講座もあります。通信講座ですと、自分のペースで学ぶことができるというメリットはあります。ただし通信教育の場合、DVDやテキストを用いての学習が中心となります。よって実践の場(実技)がどうしても少なくなってしまうのも事実です。

各地で開催されている整体セミナーは15000円程度から

あまりおすすめはしませんが、費用をより安く抑えたい場合は、とりあえず整体サロンに弟子入りする方法もあります。働きながら施術方法を学ぶことができます。ただし、基礎知識が浅いまま、所属する整体サロンの手法にそのまま染まってしまうのはデメリットと言えるでしょう。

整体師は人の体に直接触れる仕事で、幅広い知識や技術が必要です。整体の資格取得後も自ら積極的に学んでいく姿勢は必要不可欠です。自分の足りない知識や技術を補うために有効なのが整体セミナーへの参加です。都内を中心に各地で整体セミナーが多数開催されています。

整体セミナーの内容や手法は様々で自分に合った施術方法を集中的に学ぶことができます。ワンデーセミナーも多数あり、受講料は15000円程度からと手軽に参加できるのもメリットです。

1人前の整体師になるために必要な期間

専門学校へ通う場合は13年程度、通信教育だと最短1カ月程度でカリキュラムが完了します。その後は、整体サロンなどへ就職するパターンがほとんどです。

国家資格である鍼灸師やあん摩マッサージ圧師などを取得してそのまま整体師となる場合は、3年以上の学習期間が必要です。

スクールの種類

専門学校(民間資格)

通信教育

国家資格

期間(目安)

13年程度

1カ月~

3年以上

※期間は目安。スクールによって異なります。

資格取得後も継続的な学習は必要

スクールで学んで資格を得たところで、まだ一人前の整体師とは言えません。必ずしも国家資格を必要としないため比較的ハードルは低いですが、同時に競争が激しいのも事実です。

資格を取得した後も、知識と技術向上への努力は必要不可欠です。整体師になったあとでも費用や時間をかけて学ぶ必用があるというわけです。

整体セミナー参加で技術向上も

多くの整体師は定期的に整体セミナーに受講して技術向上を図っています。自分のベースの知識に加え、技術の幅が広がるメリットがあります。また、整体セミナーに参加すれば同業者との交流や情報交換もできます。

技術を磨けば、開業への道も大いにあります。整体師の仕事は、患者としっかり向き合い、不調を改善させることです。そのために治せる確かな技術と患者からの信用が必要ですが、そういった整体師は自己研さんや努力を惜しまない人とも言えます。

講座やスクール選びのポイント

整体師としての知識や技術を学ぶことができるスクールは多数あります。併せて、カリキュラムの内容や期間、費用も幅広く、多くの人は迷ってしまいます。

まずは自分はどういったことをどのくらいの期間でどの程度まで学びたいのか、さらに将来的にどうなりたいのか明確にすることが大切です。ビジョンをある程度明確にした上で自分に合ったスクールを選びます。

<スクール選びのポイント>

・どのくらいの期間でどの程度まで学びたいのか明確にする

・複数のスクールから資料請求をする

・費用とカリキュラムの内容を確認・比較する

・スクールの説明会や見学会に参加してみる

・卒業後のサポートを確認する

スクールを比較して講義内容や実習頻度を確認

気になるスクールがある場合は、資料請求をして見比べてみるのも良いです。費用が安くても実習が少なかったり、講義内容が浅い場合もあります。費用とカリキュラムの内容をよく確認・比較してください。

また、専門学校によっては卒業後のサポート(就職)に力を入れているところもあり、就職率なども公表している場合がありますので、そういった情報も加味して選ぶことがポイントです。

見学や説明会などが開催されている場合もありますので、そういった場に参加するのも有効です。

まずは整体セミナーに参加してみるのもおすすめ

「どういったものが自分に合っているかわからない」「いちなり費用をかけて学ぶのは躊躇する」といった方は、まず整体セミナーに参加してみるのもおすすめです。

整体セミナーのほとんどは1日で完了します。施術方法や仕組みを集中的に学ぶことができます。さらに実践があるセミナーがほとんどですので自分の体で直接実感することもできますし、プロの整体師も多く参加しています。

無料で開催されている整体セミナーも多数ありますので、まずはいろいろなセミナーに参加してみて、いろいろな人から情報を得てから決めるのもおすすめです。

まとめ

整体師になるために必要な資格や費用を解説してきました。

整体師になるには必ずしも国家資格は必要とせず、民間の資格取得が中心となります。ただし、国家資格である柔道整復師などを取得し、それをアピールポイントとして活躍する場合も少なくありません。

民間の資格取得には、専門学校や通信講座で学ぶ方法がメジャーになります。専門学校などで学ぶ場合は期間にもよりますが100300万円ほどが必要です。通信の方が比較的費用を抑えることができますが、実習の少なさが懸念ではあります。

さらに費用を抑える場合、直接整体サロンに弟子入りする方法もありますが、整体は患者の体に直接触る仕事のため、幅広い知識や高度な技術が必要不可欠です。やはり、ベースの知識をしっかり学ぶ必要があります。

専門学校の場合、13年で卒業できますが、卒業・資格取得した後も技術や知識の取得は必要不可欠です。多くの整体師は定期的な整体セミナーの受講で技術の研さんを図っています。

整体セミナーは、未経験の方でも気軽に参加できます。スクール選びなどに迷ったら、まずは整体セミナーに参加して自分に合った整体や施術を見つけてみるのもおすすめです。

TOPへ戻る