DRT協会で資格を得るとどんなメリットがあるのか?

今や多くの参加者が集まり、全国的な規模となっているDRT協会では、受講者の技術向上を目指し、定期的なセミナーを開催しています。では、このDRT協会のセミナーとはどんなものなのでしょう。また、協会に加盟することでどのようなメリットがあるのでしょう。資格取得を目指す方にとって、何よりも大切なことは、このようなセミナーなの内容やメリットではないでしょうか。そこで、これから資格取得を目指すという方に、協会のメリットを詳しくご紹介します。

DRTとはいったい何?

DRTとは何か。まずは、ここが一番最初に疑問に思われることでしょう。DRTとは、ダブルハンドリコイルテクニックといい、頚椎や脊椎、頭蓋骨から骨盤などの身体を支える主軸となる部分を、独自の技術でやさしく揺らすことによって、脳脊髄液の循環を良くし、身体の様々な部位に生じる症状を改善し、内側から身体を健やかな状態に導くという施術です。

例えば、肩こりや腰痛をお持ちの方が、マッサージを受けるという場合には、そのマッサージの力加減が適切ならば良いのですが、いつもちょうど良いということにはなかなかいかないものです。揉み返しが起こったり、物足りなさを感じるなんてことは、多いものです。人の身体はクセやその日の状態で変化するものですから、熟練の整体師でも、上手に力加減を調整するのは至難の業です。ましてや資格をとったばかりの方となれば、その微妙な調整は困難を極めるものです。

DRTは、1回数分の時間、独自の方法で体を揺らし、症状を改善するという施術です。その施術の前に、身体の状態を確認するための検査は行いますが、施術を行う方も無理なく、また受けるほうも物足りなさや必要以上の負荷をかんじることなく、さらに言えば、不調を改善できるという画期的な施術なのです。

DRT協会とはどんなもの?

DRTという技術は、上原宏先生が30年という長い年月をかけて、研究開発された技術です。上部頚椎カイロの研究や臨床試験などを糧に、背骨のズレのみではなくその周辺にも関わる様々な部分の補正を行うことで、自らの中にある自己治癒力を改善するというダブルハンドリコイルテクニックを編み出し、これを実証しながら多くの方に指導してきたのが上原先生です。

このダブルハンドリコイルテクニックは、この上原先生の長年の研究を形にしたもので、その教えを受け、その良さを実感した多くの方に指導され、伝承されてきました。ただ、どんなことでもいえることですが、伝承され続けると、どうしても基本やそもそもの元から反れたり逸脱するということは大いにありえることです。本来の基礎から離れ、逸脱すると、そもそもの良さはなくなってしまいます。

協会は、こうしたことがないよう、常に基本を忘れず、そして最も大切な本質を持ったまま伝承され続けることを目的に作られた協会です。長く整体やマッサージの治療者として研鑽を続けた方も、また資格を取って間もない方も、またこれから資格を取ろうとする方にも、このDRTを正しく伝承できるための協会がDRT協会なのです。 

協会に加盟することで得られるメリット

協会に加盟することで、どんなメリットがあるのでしょう。まずは、ご紹介したように協会が大切にしている、ダブルハンドリコイルテクニックのそもそもを正しく学ぶことができるということ、これが一番のメリットと言えます。また、こうした技術面だけでなく協会では、DRTを取り入れた経営で、売り上げを向上させたいという方に向けたセミナーも開催しています。

資格を取ろうとしている方の多くは、起業して自ら経営者となり、多くの患者さんのメンテナンスをしていきたいと考えているのではないでしょうか。しかし、例えどんなに素晴らしいメンテナンス技術を持っていても、経営の基盤がしっかりとしていなければ起業しても長くは続けられないのも現実です。協会では、この経営という面にも着目しています。より売り上げを向上するための方法や、経営者として心がけるべきことをセミナーを通して伝承しているのです。

つまりDRT協会に加盟することで、単にダブルハンドリコイルの技術を得てメンテナンス能力を向上させるというだけでなく、一起業家としてのノウハウまでも教示してもらえるというメリットがあります。多くの方の場合、資格を取るということだけに意識が集まり、売り上げの向上は二の次、三の次になりがちです。とくに施術を行う起業家にはこうした問題は起こりがちです。しかし、売り上げを向上させなければ、店は立ち行かなくなってしまいます。多くの方を楽にさせてあげることもままなりません。そのどちらをもレクチャーしてもらえるのです。

まとめ

良いものは、そのまま良い状態のままで多くの方に伝承されるべきです。その思いを目的とするため設立された協会は、定期的なセミナーを開催しています。セミナーを受けることで、資格を取った後も、研鑽を続けることの大切さや、全国にいる多くの施術を行う仲間との切磋琢磨を実感することが出来ます。一人ではないと感じられることで、また新たな努力への心も生まれるでしょう。ぜひ一度、DRT協会のセミナーを受けてみてはいかがでしょう。

この記事をシェアする
TOPへ戻る