整体師の年収はどれくらい?独立したらどうなる?

どこで働くにしても知っておかなければならない情報は、年収といっても過言ではありません。お客様のために、とはいっても自分が生活していけるかどうかも重要になってきます。ここでは、整体師を目指している方はどれくらいの年収なのかについて一例をご紹介していきます。また、実は差がある都道府県別の整体師の年収調査やどうやったら収入アップが見込めるのかについてもお話していきたいと思います。

 

大企業・中小企業・独立それぞれの年収

まず、整体師の勤め先を大企業、中小企業、独立と分けて年収についてお話していきます。大企業とは、誰もが知っており、どの地方にもあるお店のことです。中小企業は、地方など特定の場所のみしかありませんが、地元では有名というお店です。独立は個人で経営しているお店、というように定義していきます。

大企業の整体師は平均年収400万円程度であり、月収に直すと25万円くらいとなります。中小企業では、年収は300万円前後であることが多く、中企業では300万円を超え、小企業では300万円未満になっています。こちらは月収は20万円ほどです。やはり、大きければ大きいほど、入ってくる額も大きくなるため、年収は増える傾向になっています。整体以外の資格を有している場合は固定給にプラスして給料が入る店もあり、能力がある人が評価される場合もあります。

 

都道府県別の年収の違い

では次に、お店を出す際に考えておきたい立地における年収の違いを確認していきましょう。都道府県別に見た整体師の場合では、最も高額であるところはやはり東京都であり、平均は475万円ほどとなっています。これは先ほどの大企業の年収を超える額になっていますね。続く2位は大阪府で、年収は400万円程度となっており、大都市であればあるほど大きくなっています。

だからといって大都市にお店を出せば良いのかといえば、それもまた問題になってきます。大都市では、大企業はもちろん、独自性を打ち出すたくさんの中小企業もそろっており、整体の激戦区となっています。その中で勝ち残れるのであれば良いのですが、難しい点もあります。他の都市の平均年収はおおよそ340万円程であり、中企業と大企業の間くらいになっています。

 

広告や宣伝が重要

ここでは整体師としての年収を上げるために知っておきたいことをまとめています。成功する整体とは、自分たちが他のお店とは異なる、独自のサービスなどがあることを強調することです。もし、一風変わったオリジナリティがあるのなら、それを前面に出した広告や宣伝をしっかりしましょう!せっかくの強みですから、チラシやポスターなどを作成すると集客率もアップします。

最近では、チラシなども安価で作成ができますし、デザインしてもらう場合でも予算に合わせて作ってくれるところが多いです。テンプレートなどがサイトにあり、自分で作ることもできるので、一度作ってみてはいかがでしょうか。独自性が無いというお店でも、持っている資格や安心して施術を受けてもらえるサービスなどを前面に押し出し、宣伝することが重要です。

 

まとめ

整体師の年収について、色々とお話してきました。大企業が一番高額の収入であり、都道府県別に見ても大都市であればあるほど、多くの収入であることが現状です。就職する場合、大企業が良いのか、中小企業が良いのか、また開業する場合、大都市が良いのか、地元が良いのかなど、悩みのタネは尽きません。

しかし、独立開業する場合は、それぞれのオリジナリティを宣伝し、集客をあげていくなどの工夫をすることで、収入も徐々にアップできるようになります。常に学び、常に前進していく心が整体師には大切ですね。

TOPへ戻る