整体師が開業するために必要な準備

整体師としてお店を開くには一体いくらかかるのでしょうか。数十万、いえ数百万かも、と不安に思ってしまう方もいるのではないでしょうか。

もちろん、しっかりとしたお店を持って、従業員を雇う場合では資金はかなり必要になりますが、自宅で開業する方法もあります。

ここでは、様々な開業の仕方についてご説明していきますので、予算や場所など、自分に合ったものを選んでみてください。

開業資金はどれくらい

開業資金は、どのような形態で開業するかにより必要な資金が異なります。

一般的にハードルが低いとされているのが、自宅開業になります。

自宅開業の場合、すでに土地や建物があるため、簡単な改装と開業に必要な施術ベッドなどの家具を揃えるだけで開業することができますので、約100万円〜150万円ほどの開業資金で開業できます。

次に、賃貸物件を借り店舗型の整体院を開業した場合ですが、こちらは、まず店舗を借りなければならないので、敷金や礼金が必要となってきます。

また、店舗経営の場合、家賃の数か月分の保証金の準備や、内装や設備、従業員に支払う賃金などの資金が必要となります。

少なくとも、200万円から300万円ほど用意しておくと安心できるようです。

最後に、まずは試しに開業してみたいという方がよく利用される方法となりますが、レンタルサロンでの開業という方法があります。

自宅での開業も資金をかけずに開業する方法になるのですが、レンタルサロンの場合、すでに施術用のベッドや道具など一式揃った状態で借りることができますので、準備期間も資金もかけずに開業することができます。

ただ、デメリットとしては、開業とはいえ自分の店舗ではないため、内装や施術道具にこだわったりということが難しくなります。

また、しっかりとした下積み、技術、知識がない状態で、勢いだけでレンタルサロンで開業してしまうと、誰も助けてくれない状態で、発生したトラブルも全て自分で解決しなければいけなくなりますので、経験がまだ足りていないと思う場合はレンタルサロンで手軽に開業というのは、一度立ち止まって考えていただくことをお勧めします。

整体院の開業に必要な手続き

整体院を開業するには様々な書類が必要となります。一般的には以下を揃えておけば開業することができます。

・個人事業の開廃業等届出書
こちらは開業してから1ヶ月以内に税務署に提出します。
・青色申告承認申請書
こちらは開業してから2ヶ月以内に提出します。節税のために必要な書類で、確定申告時に所得税の計算上の優遇を受けることができます。
・減価償却資産の償却方法の届出書
こちらは開業した年の翌年の3月15日までに提出します。
・青色専従者給与に関する届出書
こちらは開業もしくは事業専従者が所属することになった日から2ヶ月以内に提出します。青色申告をする事業者の15歳以上の家族(親族)に給与を支払う場合に必要となります。
・給与支払事務所等の開設届出書
従業員を雇用した日から1ヶ月以内に提出します。

上記の書類の中でも、自宅で開業し従業員も最初は雇用しないということであれば、不要な書類もありますので、全てが必要ということではありません。

自宅開業という手段

もっと資金を少なくしなければ開業なんて夢のまた夢、という方も多いのではないでしょうか。そんな方におすすめしたいのが、自宅開業という方法です。

その名の通り、今皆さんが住んでいる自宅で整体師として活躍していくという手段です。

自宅による整体ですので、新たに購入する物は最低限で済み、敷金や礼金などは特に必要が無いのが魅力です。

新たに購入しなければならない物としては、施術をする上での着替えやタオル、カーテンなどの仕切りや施術を行うベッド、マットレス、快適に過ごしてもらえるように観葉植物やゆったりとした音楽をかける機器などが必要になってきます。

このようにリラックスできる空間作りをする必要がありますが、今では百均やホームセンターなどで安価にそろえられるので、比較的資金は少なくても開業できます。

開業資金を節約するコツ

ここでは開業資金を少しでも節約するコツをこっそりご紹介していきます。

お客様のためにとはいっても、自分で用意できる資金で開業することが長く続けられる秘訣ですので、まずはいくら程度を予算にするのかを決めてください。

マンションやアパート、自宅で開業するのであれば今ある資産から予算を計算していきますが、店舗での開業を目指す方は銀行などからお金を借りることも視野に入れてくださいね。

では、ここからがコツとなります。整体師としてお店を開くには、家賃以外での出費が意外とかさむものです。

ここをいかにおさえるかで、資金を節約できるかどうかが変わります。まず、客用の施術着やタオルなどはしっかりした物を選びましょう。

おさえるのは、観葉植物などの内装の小物です。これらは今では百均などでも手に入れられるので、無理してブランド品に手を出さないことがコツです。

まとめ

ここまで、整体師として開業するのに必要となる資金についてご説明してきました。

店舗、マンションやアパート、自宅などでも整体師として店を開けるということを知って頂けましたでしょうか。

しかし、予算はかさんでしまうものです。そこで、少しでも節約をする上で気を付けたい点が小物の出費をおさえるというコツでした。

最初が肝心とばかり、ついつい良い物を揃えたくなってしまいますが、現実で使える予算を把握することが重要です。

また、どこをお店の魅力とするのかについてもしっかり考慮して、良いお店になるようにしましょう。

TOPへ戻る