整体セミナーの選び方

多種多様化している現代の整体は、「スポーツ選手を専門に行うか」「女性に美を届けるのか」「高齢者の助けとなりたいのか」「総合的に全てができるエキスパートになるのか」等々の目指す目標により、受けるセミナーも全く変わるでしょう。

流派ごと、或いは団体ごとに基本と言われるものも変わると言いますので、シッカリと見極める事が大切となる様です。
まずは、この出だしをキチンと押させておきたい所だと考えます。

整体セミナーは短期と長期がある

整体セミナーには「1日完結」の技術向上や勉強の為のセミナーや、「1日で認定」という1日の講習で実技試験を受けて認定書を貰うセミナー等の「ワンディ・セミナー」があり、他に「4回・6回で認定」、10数回のセミナーを2~3か月かけて受ける集中講座もあります。

これらは短・中期のセミナーと言えるでしょう。他にも学校の様な形式を取り入れた「コース」タイプのものがあり、こちらはコース受講期間が2か月間・3か月・5か月と幅広い期間設定であり、最長3年間という長期に渡るコースもあり、取得単位数形式で学校同然のものもあります。

ただし本格的な学校よりは費用が、かなり抑えられている様です。総体的に安めだという事ですが。最近は学校形式のものが大変に多いと言う事で、長期は大体この形式に寄っている様に思われます。
また短期では、圧倒的に1日完結型が多いと思います。

学びたい分野・目的に合わせて選ぶ

選ぶ際には自分の進みたい方向性に合わせて選ぶのは当然の事なのですが、もし、まだ何処を目指すか決まらない、どのセミナーが良いか分からないという方でしたら、まずは無料で適正のテストや、相談・質問等に応じてくれる所もありますので活用をお勧めします。

上記した「1日完結型」のものは、開業医等の方が最新の技術であったり、話題の技術であったりを習得する為の講習会が多い様です。
ですので、エキスパートを目指す方等、更に勉強を積みたい方や経営に反映させたい方に適しているのではないでしょうか。

中期や長期では、これから整体師を目指し民間資格等を取得したい方や、既に資格はあるが転職に際しても困らないスキルを再構築したいと考える方に向いている講習が多くある様に思います。

他、なるべく早くに民間資格を取り、早くに施術する技術を得たい方向けに、4回・5回で認定という選択もあります。

複数の整体セミナーを事前に調べる

本当に様々な流派や団体が混在する業界だという事ですから、例えば初心者向けと言っても、進みたい分野が「整体」か「美容整体」または「セラピスト」かという事で講習内容も大幅に変わってしまいます。

また、取りあえずは先に資格が欲しい方や、整体院で見習い的な仕事をしながらジックリ技術を身に着けたいという方でも、短・中・長期の選び方が違って来るでしょう。
まずは、自分のやりたい分野、特に美容整体やセラピストが目標の場合は、行っていない所もあるので事前に調べる事が先決です。

もちろん価格も大切になるでしょうから、比較検討する事がセミナー選びには必要不可欠となります。
更に、1日短期のみを行っている所もありますので、短期に受けたいものがあった場合は、目標に合わせて他所の中期と他所の短期を組み合わせる等の工夫も必要となりましょう。

まとめ

整体自体が、自由選択職業である為に「コレと決まった根幹が無く、誰でも始められる職業」と言われますが、逆に国家試験が無いが故に「熟練の確かな技術が必要である」とも言われている所です。

国家試験という保証が無い分自分の能力の低さは自分に返って来る訳で、当然、能力の未熟さは経営や信頼に繋がらず、結局は職業として成り立たなくなる、という事態に陥るでしょう。

こういった事実からも、常に技術を磨き進歩を心掛ける事が何より大切であるのは間違いない事であり、その観点から見てもどのセミナーを選び自分の糧にするかは、とても重要な事だと思います。

この記事をシェアする
TOPへ戻る